にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2012年03月14日

浅田真央は本当にジャンプが得意なのか?

小学生で衝撃的なデビューを果たし、3回転ジャンプをポンポンと跳んでいた真央ちゃん。
トリプルアクセルが真央ちゃんの代名詞にもなっていて、マスコミの記事だけみていると真央ちゃんのジャンプはそんなにすごいのかって思ってしまうけれど、最近の真央ちゃんのプログラム構成を見てみると、実は跳んでいるジャンプはすごく限られているような気がします。
ショートもフリーもコンビネーションジャンプはトリプルフリップとダブルループの組合せ。
ショートでは単独の3回転もループ。
フリーでは、今シーズンは新たにダブルアクセル−トリプルトウループが入りましたが、これもまたアクセルばかり跳んでいる印象。
さらに、その他のコンビネーションはいずれもトリプルフリップ−ダブルループ。
サルコウ、ルッツも上手に入ってくるとだいぶイメージが違ってくるけれど、どうも苦手なジャンプと得意なジャンプがはっきりしているようで、見ていてプログラムの奥深さが感じられません。
大変だとは思うけれど、もっともっとがんばってほしいです!
posted by フィギュアスケート at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック